So-net無料ブログ作成
検索選択

栁も色づく [写真]

IMG_3608.jpg

風は強いけれども冷たくはない。心地よい春風に吹かれながら万歩計をぶら下げて歩く。北大構内はまだあちこちに雪山があった。雪の下から顔を出した落ち葉がまるで秋の落ち葉のようにカラカラと音を立ててアスファルトの上を舞っていた。見上げると雲一つない青空、柳の芽がうっすらと色づいて春を感じさせる。帰宅すると2時間ほどの散歩で万歩計は8,500を示していた。もうすぐ10,000歩を歩いても平気になるだろう。

 


土手にも春 [写真]

IMG_3584.jpg

                    IMG_3575.jpg

昨日に引続いて今日も暖かい。ハイヤーに乗らずできるだけ歩くようにしようとバスに乗る。家の横を流れる川辺の樹木がきれいに根本から刈り取られて、川幅が広くなっていた。土手の枯れた枝の間からフキノトウが沢山顔を出している。川岸のネコヤナギの芽も膨らんでいる。一気に姿を見せた始めた春の兆しに嬉しくなって、両手に持っていた荷物を土手の上に置いて、シャッターを押す。 

 

 

 


福寿草一輪 [写真]

_54C9523.jpg

16度まで気温が上がり、昨日とは別世界のような暖かさ。庭に福寿草が1輪咲いていた。野生の福寿草だから強いよと言われて数年前にいただいたものだ。その証拠に陽当たりの悪い我が家の庭で一番に春を告げてくれている。相棒が雪囲いを外し始めた。ご近所さんもすでに外している。今年は助手役も返上して私はお出かけ。帰宅すると庭が広くなったような感じがした。地面にはハクモクレンの葉脈だけになった葉がしっかり残っている。これもまた乾燥するとよい被写体となる。


寒い4月の雪 [写真]

IMG_5998.jpg

朝ちらちら降りだした雪は風を伴ってだんだん激しくなり、お昼過ぎには積雪ゼロのになった街にまた1センチほどの雪が積もり、一面の雪に覆われた。日中でもマイナス2度というから寒いのも当たり前。散歩に出た園児たちもびっくりして足早で戻っていく。明日は16度と信じられない予報が出ている。気温の乱気流は何時までつずくのやら。なごり雪は優しく暖かいのが似つかわしい。


友人のサークル展 [写真]

_DSC2508.jpg

_DSC2639.jpg

今朝はゆっくり寝ている。矢張り自分の布団で寝るのが一番だ。東京も寒かったが、今日の札幌は時折小雪がちらつき、矢張り比較にならない寒さである。友人のサークルの写真展が今日までなので、昼過ぎに出かける。皆ベテランぞろいなので見ごたえのある写真が並び、大いに刺激を受けて帰る。掲載写真は雨の箱根。運転する息子は先が見えないと悲鳴を上げていたが、写真を撮るのには絶好であった。


雨の京島 [写真]

_DSC2833.jpg 

最終日も雨、オーバーコートやダウンを着ている人もいるのにはびっくりした。孫を幼稚園に送り届けて帰りの飛行機の時間までブロガーさんの写真で魅せられた京島まで行ってみることにする。しかし、雨脚はますますひどく外を歩いている状態ではないのでメイン通りだけを見て引き上げる。キラキラ商店街で昭和の雰囲気のただよう喫茶店でココアを飲んで身体を温めた。本格的に入れたココアでとても美味しかった。 1週間ぶりの我が家に帰ってほっとする。


初めてのお弁当 [写真]

_DSC9575.jpg

幼稚園の入園式に参加するのは初めての経験である。我が家の息子は幼稚園に行かせなかったからだ。昨日までの雨が嘘のようにベランダのチューリップが一斉に咲き誇り、幼稚園の校庭の桜も満開で、今日の晴れの日を祝っていた。制服に身を固めていささか緊張気味ではあったが、名前を呼ばれると大きな声で返事をしていた。明日の初めてのお弁当はおばあちゃんが作ることになった。 


ポーラ美術館 [写真]

DSC04107.jpg

残念ながら今日も雨。大湧谷 の展望台は富士山も芦ノ湖も全く見えない。7年寿命が延びるという黒玉子を食べる。帰りにポーラ美術館による。丁度企画展でピカソとシャガールの展覧会が開催されていた。モダンな会場にかなりの点数の作品が展示されていて圧倒される。以前から寄りたいと思っていたが機会がなく、今回はいい思い出になった。


箱根へ [雑感]

DSC03336.jpg

今日は息子の運転で箱根へ。天気予報は雨のち曇りだったが、山に登るに従って雨脚は激しくなる。途中のお蕎麦屋で昼食。昭和レトロの雰囲気の漂うお店で昭和30年代の明星や平凡が置いてあり懐かしく読む。雨脚はますます強くなるので、ホテルに直行。大浴場に浸かってやっと身体が温まる。

 


ガラ携卒業か! [写真]

IMG_5887.jpg

息子にスマホを教えてもらう。まだちんぷんかんぷんだが、そのうち慣れるかダメかどっちかだ。赤いケースに入れて恰好だけは一人前だが、2、3日でマスターしないと分らなくなっても同じスマホを使っている人が周りにいないので聞くことができない。文字を最大限大きくしてもらった。1日早かったらスマホの撮影を許されている草間彌生の作品を撮ることができたのに残念。今日は新宿の伊勢丹までお出かけ。通勤時間を外すと座っていける。小田急線は何度も乗っているので不案無し。近くの桜街道が満開である。


メッセージを送る