So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

車社会の不便さ [写真]

IMG_6819.jpg


昔はどこでも買えたものが、最近は簡単に買えなくなってきている。郊外の量販店のような所には何でもそろっているのだろうが、車のない我が家ではいきおいデパートか無印、東急ハンズのようなお店に行くことになる。海水浴場で履くサンダルや浮輪を探すのに2時間も街中をふらつく。やたらお洒落で4,5,000円もするものならあるが、1回きりにそんな高価なものはいらない。結局ネット注文となった。便利になったのか不便になったのかわからなくなる。


クーラーいらず [写真]

IMG_6807.jpg


数日前まで暑い暑いを連発していたが、昨日、今日は10度も下がった気温でクーラーの必要なし。久しぶりに街の中心部まで出かける。前田真三賞を受賞した知人の写真展が今日までなので足を運んだ。最近の風景写真は心象風景的なものが多いが、ドキュメントー的な手法で作品をまとめたことが高く評価されたと選考理由が書かれていた。糠平湖の「氷の季節」の多彩な表情に圧倒される。その帰りに8回目のプールへ。バタ足は1回立って25メートル進むようになった。クロール、背泳ぎもどきは7メートルくらいか。背泳ぎはどうしても曲がっていまう。

泳げた! [写真]

IMG_6163.jpg


昨日のリベンジとばかり、今日は昼過ぎに7回目のプール行き。勿論インストラクターを従えてである。ビート板を持つとどうしても肩に力が入り、ゴーグルをつけた亀と言われるので、持たずにバタ足で進む。何とか1回立つだけで折り返し地点まで行けた。そして今度はあおむけでバタ足をしてみる。同じように半分までは進む。最後に手を付けてクロールもどき、背泳ぎもどきをしてみる。5,6メートルは進んだか。お抱えインストラクターは高みの見物。「あれじゃ運動したうちに入らないな。」の一言。


白い睡蓮 [写真]

IMG_5965.jpg


今日は曇天だったが、居間のジュータンのクリーニングをしてもらう。ついでに台所の床のタイルもお願いした。雑巾がけよりはるかに綺麗になって気持ちが良い。陽は差さないが風が強く思っていたより早く乾燥した。夕方プ-ルに行って終わった後で夕食でもと思って4時に出かけると、一般開放は4時までですと言われた。日曜日と勘違いをしたのだ。残念。掲載写真は昨日のゲリラ豪雨後の北大の睡蓮。赤い睡蓮が多い中で白い睡蓮が目に留まった。


 

窓辺の饗宴 [写真]

IMG_6662.jpg


IMG_6705.jpg


予報に雨マークがあった。雨に濡れる睡蓮でも撮りに行こうかと支度していると、まるでバケツをひっ繰返したような激しい雨が降り始めた。とても外を歩ける状態ではない。刻一刻と雨は嵐のように激しくなる。こんな雨はめったにない。家じゅうの窓から外の景色を撮る。網戸にもしとどに雨がたまっている。見慣れた窓外の景色が新鮮に見える。窓辺の雨の饗宴は1時間ほども続いた。

久し振りのカニ [写真]

IMG_6635.jpg


全国のコンブ漁の9割を生産している北海道のコンブ漁が最盛期を迎えている。子供から年寄りまで一家総出で海岸沿いに昆布を並べる作業はお天気との勝負で壮観である。今年は礼文島にその様子を見に行く予定だったが、都合が悪く果たせなかった。来年こそ連れて行ってほしいものである。ゴーグルを買いに久しぶりに街に出る。この暑さにも関わらず人出が多い。帰るとき店頭に珍しくたくさんのカニが並んでいたので求めることにする。

バタ足進む! [写真]

HE1Y2389.jpg


今朝突然相棒が「今日は俺も行く」と言い出した。お昼近くの暑いさなか二人でプールに向かう。私は先輩顏であれこれ説明する。普段から随分足腰が弱くなったと言っているので、水圧に負けて進めないのではと内心思っていた。「大丈夫?」と何度も後ろを振り返ったが平気な顔をして歩いている。私は初日は5往復でやめたが、なんと7往復もして、やっと水から上がる。そして私のバタ足姿を見て笑っている。「亀と同じだ、首が縮こまって肩に力が入っている」そうだ。気をつけてやってやってみるとプールの半分まで進めた。ブラボー!

掲載写真は氷の暑中お見舞い


ラベンダー畑に異変 [写真]

_54C0051.jpg


_54C0054.jpg


夕刊のトップ記事に「ラベンダー畑に異変 枯れる被害 台風や低温の影響か」と大見出しで写真と記事が掲載されていた。夏の観光シーズン富良野のラベンダー畑は人気がある。きれいなラベンダーを見てもらいたいとの農園の関係者は補植に余念がないそうだ。掲載写真はお向かいの庭のラベンダー。今日も午前中から30度を越す暑さなので、連続でプールに行く。ゴーグルは子供用しかない。友人が顔を横に向けるだけで違うと教えてくれたのでやってみる。なんと進むではないか。今日はウオークは少し少なめにしてバタ足を3往復する。25メールを足を付かずに1度で行けるようにしたい。

 

水中ウオーキング [写真]

IMG_6469.jpg


昼から3回目のプールに行く。今日は子供たちの姿はなく大人の水泳教室をやっていた。私は勿論ウオーキングコース。次々とクロールで続いて泳いでいく人たちは皆スリムである。私のいるコースは高齢者と太目さんが多い。新しい水着が鎧のように重いと感じたので、今回は30年前の水着を着てみる。しかし、プールから出る時同じように重い。それで気が付いた。水着の重さではなく自分の体重の重さなのだと。それでも今日は16往復、800メートルを歩いた。最後にビート板を使ったが、一向に進まない。

感慨深い写真展 [写真]

IMG_6567.jpg


朝一番に立派なサクランボが届く。早速朝食のフルーツとしていただく。我が家にとっては初物である。これで少しは寿命が延びるかもしれない。今日は少々パワフルに行動した。まず病院に行って薬をもらい、それから1時間のボデコンのレッスン。終わるといつものようにお茶とおしゃべり1時間。それから知人の写真展が今日が最終日と知り、5,6丁ほどの道を歩く。カンカン照りでなく、昼過ぎから小雨程度の雨がぱらついていたので歩くのも心地よい。嘗て母親が撮った場所を、その娘さんが撮影した作品を見るのは感慨深い。女性が撮ったとは思えない力強い写真が会場を圧倒していた。

冷蔵庫の常備 [写真]

IMG_6525.jpg


4日連続の真夏日だそうだ。我が家の冷蔵庫に常備されているのはアイス。とても1,2本では満足できない。連日の暑さでプランターの花もすっかり元気がなくなり、半分はすでに枯れている。秋用の花に取り換えなければならない。サツキも終わり,代わって紫陽花がやっと花の形になってきた。庭の花を楽しむ期間はわずかである。特にこの時期の夕陽はとても大きく見える。勿論目の錯覚だが、大きな太陽を見ると明日は何かいいことが起きそうに思えてくる。


現実とイメージのギャップ [写真]

IMG_5826.jpg


猛暑を逃れて今日もプールに行く。滞在時間は昨日の倍。従ってウオークの距離も倍の11往復。最後にビート板をもって隣のコースへ。そこで大ショックを受ける。バタ足をしても全く前に進んでいない。初めて水泳を習い始めた時と同じである。イメージでは25メートルはスイスイと進むはずだったが。30年の空白はあまりに長かった。それに今風の水着はやたらと重い。水から出る時鎧を着ているようであった。

30年ぶりの挑戦 [写真]

IMG_6547.jpg


今日も朝から暑い。だらだらと暑さに負けていては身体もなまってしまう。もう始めるしかないと一大決心をしてプールに行く。実に30年ぶりである。今風な水着を着て恐る恐る水に入る。心地よい冷たさだ。まずはウオークからとプールサイドのヘリにつかまって進む。25メートルで折り返し。子供たちのあげる水しぶきが飛んでくる。初日は水に入るだけと思っていたので5往復しただけで終了。滞在時間はわずか15分、それにしても緊張する挑戦だった。十五夜の月は婆さん無理しなさんなと笑っていることだろう。

真夏日到来 [写真]

IMG_6450.jpg


一気に30度を超えて一時は33度まで気温が上昇。近くの保育園の中庭に3つのビニールプ―ルが置かれて園児たちがうれしそうに水遊びをしていた。窓外から盛んに救急車のサイレンの音が聞こえる。道内で熱中症で搬送された人が23人もいたそうだ。我が家のクーラーも活動開始。今日は七夕祭りの所がが多いようだが、北海道ではひと月遅れの8月8日である。孫が幼稚園の短冊に「早く大きくなりたい」と書いてもらったそうだ。満月を前に今夜の月も皓々と照ている。

昨日の夕焼け [写真]

IMG_6418.jpg


昨日の夕焼け空が今日の好天の前兆であった。一気に29度近くまで気温が上がる。身体がうまく対応しない。この一月元気で過ごしたお祝いだと好物の天婦羅を食べに行く。お店の入り口に「夏こそ天婦羅」の張り紙があった。私はいつもの通り野菜を一通り平らげる。メニューに見慣れない品が。「新宿揚げ饅頭」と書いてあった。新宿の中村屋に特注で天婦羅になるよう試行錯誤をしてできたものとか。店長曰く「最後の締めに召しあがってください。ひっくり返るほどおいしいですよ。」言葉通りだった。

久し振りのお日様 [写真]

IMG_6366.jpg


流石に4日間かくれんぼをしていたお日様も退屈になったのだろう。朝からお昼にかけてどんどん天気が良くなった。近くの保育園の子供たちもおそろいの帽子をかぶって久しぶりのお散歩。丁度玄関前を1歳児の園児が手をつないでよちよちと歩いて行く。塀の中の花を興味深げに見つめる園児もいた。そのしぐさの一つ一つが何とも可愛らしい。

新顔 [写真]

IMG_6395.jpg


庭が狭いのでプランター14,5個に花を植えている。毎年ビオラやベコニア、サフィーニなど色は違うが種類は同じものを選んでいる。今年は珍しく新顔が2つ加わった。掲載写真の花がその一つ、5ミリくらいの小花の集団が次々と咲いていく。淡い色の花が多い中でひときわ濃い紫で目立つ。花の名前は覚えていない。来年からプランターの一員となるか、今年は観察中である。今日も時折小雨がぱらつく曇天。4日もこんな天気が続くと強烈な刺激が欲しくなる。

素敵な父子 [写真]

IMG_6237.jpg


曇天とにわか雨の日々が3日ほど続いている。6月が過ぎて7月に入っても一向に好天に恵まれない日々である。そのせいか頭痛が続いている。体調の波は天候とかなり関係があるようだ。しかし、夜はぐっすり寝られるし、食欲も十分。そのせいか再びお腹ポッコリ現象。丁度今夜のテレビでその解消法をやっていた。どうせ3日坊主だろうが挑戦してみようか。掲載写真は5日前の晴れた日に出会った素敵な父子。



震度4 [写真]

IMG_6228.jpg

 今日のお見舞いは路面電車の内回りコースを利用した。所要時間は全く同じ。中学時代の3年間はこの電車で通学、懐かしさは数倍勝る。昨日の12時近く布団に入った直後くらいにドーンという音と共に激しい揺れが数秒続く。地震の少ない札幌で震度3以上はめったにない。入院中の彼女のいる病院は震度4の地域、3階の病室は揺れがひどかったという。ニュースによると大きな被害はなかったようだ。半夏生の今日、此方ではないようだがタコを食す習慣がある地があるようである。最近ソネブロの反応が遅くて困る。


お見舞い [写真]

IMG_6232.jpg


昨日より暑くなる予報だったが、朝からムシムシする。知人が転倒して怪我をし、入院したと連絡が入ったので昼からお見舞いに行く。病院まで我が家からは南に一直線だが55丁も離れているので、中心街から路面電車に乗ってみる。高校時代使っていた路線なので停留所の名前も懐かしい。「行啓通」変わってないな。でも窓外の景色は大変な変わりようである。心配した怪我人は元気で、手術の必要もなく痛みもあまりないと言うので一安心。お見舞いにと持参した果物を一緒に食べる。帰り道はにわか雨にあったが乗り物の中だったので濡れないで済む。7月の初日はびっくりニュースで始まった。


2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ
メッセージを送る