So-net無料ブログ作成

現役です [写真]

_DSC3198.jpg


_DSC3209.jpg


天気もいいし小樽にでも行ってみるかとの突然の提案で、札幌駅から快速に乗る。この路線に乗るのは何年ぶりだろう。銭函あたりから海が見え始めた。海水浴に来た遠い昔が思い出される。小樽築港駅で下車。すっかり替わった駅舎に驚く。もう10年は経っているという。嘗てニシン漁で栄えた小樽は歴史的建造物が各所に残っている。タクシーの運転手さんに観光地でなく人が暮らしている古い家を教えてもらう。はがれた黒いうろこの様な壁、割られたガラス、一瞬廃屋かと思ったが、ステンレスの煙突とテレビのアンテナが現役であることを物語っている。

からふり [写真]

IMG_6135.jpg


家の横の桜街道の桜の木の根元にはボランティアの方が、いろいろな花を植えてお世話をしている。今はラベンダーが花盛りである。紫色で香りもよいラベンダーは北海道の夏を代表する花。北大の睡蓮は一向に咲く気配がなく、葉っぱだけが水面に広がっていた。木陰にはオオウバユリの大きな蕾がたくさんあった。三度目の正直もからふりだったので、四度目の正直になるよう来週末くらいにまた出かけよう。

写真を撮る私 [写真]

IMG_6186.jpg


IMG_6165.jpg


今日は心臓エコーと先週つけていたホルターの検査結果をきく日。お医者の説明はドアを出てすぐに忘れてしまう。とにかく頻脈は心配するものではなく、水泳その他どんな運動もしてよいとのお墨付きをもらう。一応頓服を5錠出してもらった。薬局を出ると青空が広がり、なにを見ても輝いているように見える。嘗てよく撮っていた界隈を1時間ほど歩く。すっかり開発が進んでいて古い建物は姿を消していた。

お茶タイム [写真]

IMG_6095.jpg


ひさしぶりの20度越え。屋根の塗装も3日遅れで完成。ついでに灯油タンクも塗り替え、外壁のはがれた部分も修正してもらったので、古い我が家もすこしは見られるようになった。これで何とか持たせたいものである。今日は珍しく仲間3人がそろってレッスンに参加。1時間の消費エネルギーは1時間のお茶タイムでゼロに。会ってお茶を飲む口実に参加しているようなものだ。

映画三昧 [写真]

IMG_5663.jpg


土曜日は雨、日曜日も半日は雨、そして月曜日は朝から風が強く寒い。起きたら暖房が少し入っていた。もちろん屋根のトタン塗り替えの業者は来ない。こんな三日間は映画三昧。アマゾンプライオで古い映画を見る。見終わってからこれは見た記憶があると思うのは毎度のこと。「オーストラリア」相変わらずニコール・キッドマンは美しい。3時間近い映画だった。今日の「リスボンに誘われて」は主演のジェレミー・アイアンズの渋い演技が魅力的。後はタイトルは忘れたが2本くらい見た。どの映画もまずははっと息をのむ映像の美しさに魅了される。写真では表現できない世界だ。

2日続きのお寿司 [写真]

IMG_5931.jpg


昨夜来雨だったらしいが私は全く気が付かずに熟睡。朝食が済んだ途端に相棒が「夕食は寿司」と宣言した。私は一瞬、え!と思った。家以外一人で食事をすることをしない私が、昨日のお昼は一人でお寿司を食べたのだ。実は2,3階くらいの高さから写真が撮りたかったのだが見渡すと飲食店しかなかったので、窓際の席の空いているお店に思い切って一人で入った。仕方なしに注文をして写真を撮ったのだ。そんなわけで2日続きのお寿司となった。

睡蓮と遊ぶ [写真]

IMG_6005.jpg


IMG_6046.jpg


何とも気ままなお天気。昨日は快晴、今朝は雨模様の曇天。ペンキ屋さんも「今日は帰って寝よう」と早々に仕事を切り上げていった。昼から買い物があったので出かける。北大では全く咲いていない睡蓮も道庁の池ではかなり咲き始めていた。睡蓮の間をカモの親子が泳いでいく。お母さんカモは常に子供たちの様子を近くで見守っている。見ている人は口々に「可愛いね」と言う。元気でみんな大きくなってほしい。

モミジの葉 [写真]

IMG_5782.jpg

IMG_5797.jpg


朝方は怪しげな天気であったがお昼近くになってどんどん陽がさしてきた。高所作業車が来て屋根のトタンの塗り替え作業を始めた。今日は屋根の庇の部分のペンキを塗る予定とか。私は風もないのでぶらりと北大構内の散策に。大半の緑は色濃くなっているが、モミジの可愛い葉だけはまだ新緑で若緑が輝いていた。中に赤い葉の木があって目を引く。大野池の睡蓮は全く咲いていなかった。

子供の浴衣 [写真]

IMG_5756.jpg


14,5年かかわってきた会の最後の会合に出席。長きにわたって楽しく参加してきたことを感謝して帰途につく。夏至を過ぎたが7時過ぎの時間はまだ明るい。暮れなずむ街中の窓外の景色が新鮮に映る。ネットで子供用の浴衣を探すがいまいち気に入ったものがない。今はやりの柄はどうもなじまない。

6月の雪 [写真]

                      Watage.jpg


_DSC2990.jpg



6月のこの時期になると街中をポプラの綿毛が飛び交う。近代美術館の庭の一角が真っ白になって、まるで雪が降ったかとみがもうばかりである。この5,6年その様子を撮っているが,ここ数年で今年が一番見事である。昨日の高温で一気に落ちて、今日の強い風で沢山集まったようだ。道庁の庭にもこの光景はみられるが、近美ほどではない。白と緑のコントラストはさわやかで清々しい。明日は雨の予報。もうこの光景は見られないだろう。




ちょっと新鮮 [写真]

IMG_5704.jpg


昨日からつけていたホルター心電図を返す日。おなしくしているのでなく普段通りに生活してくださいと言われていたので、今日は病院までバス、地下鉄、電車と乗り継いでいく。結果は1週間後。夕食時、食卓の私の位置からはテレビは全く見えない。途中まで見て気になるところで夕食になったので、相棒が席を変わろうかと言ってくれた。長年同じ場所に坐っていたが、反対向きに坐っただけで狭い台所も見える世界が違う。「ちょっと新鮮だね」と相棒が言った。

美しいもの [写真]

IMG_5319sora.jpg


一昨日の夜、もう寝ようかと思っている時テレビの画面が見に入った。写真家石内都が若手の俳優で監督も手掛けている女性との対談をしている。横須賀に生まれ育った環境がのちの写真活動に大きく影響していると語っていた。自分と同じ年齢の女性の手の写真、肉体に付いた手術痕や傷痕の写真、広島の遺品のワンピースをその少女が着ていたイメージで撮った写真。メキシコの女流画家のコルセットや義足の写真。が次々と映し出されていく。その彼女が「私は美しいものしか撮らない。」ときっぱりと言う。彼女の言う「美しいもの」とは、はるかに深く沈潜したものである。今日は1枚もシャッターを押せなかった。

息子のプレゼント [写真]

IMG_5684.jpg


IMG_5677.jpg


久し振りに好天が続く。朝一番に息子から相棒にドイツ製のビルケンシュトックのサンダルが届く。格好もよく見るからに履き心地が良さそうだ。相棒は朝起きるとすぐに庭に出て花柄の芽や草摘みをする。日光に当たると健康になると思っているようだ。私は昼から知人の展覧会場で友人と待ち合わせをして、写真を見た後はお茶会。今年初めてのパインのかき氷を食べる。おしゃべりをしていると体調の悪いのも忘れる。

ひと月ぶりの好天。 [写真]

IMG_5558.jpg

神宮祭も終わって本格的な夏が北海道にやってくる。土曜日が好天なのは一か月ぶりだそうだ。我が家の庭はサツキがやっと咲き始めた。ジャーマンアイリスが強い香りを放っている。息子一家の帰省日程が決まったので、早速温泉の予約。孫も1時間半のバスには耐えられるだろうと今年は洞爺湖のホテルにした。お盆をはさんでいるのでどこも混んでいる。人気のホテルというから楽しみだ。

神輿渡御 [写真]

IMG_5634.jpg


IMG_5644.jpg


最近食事の誘いが多い。今日はジム友からランチをどうお?と誘われた、彼女はなかなかの食通で、美味しいお店を紹介してくれる。今日は15種類の野菜を使ったお料理など和風の優しい味の料理で、私の身体にも良いものばかりだった。帰り道、四丁目の中心街で休憩している神輿渡御の一行と出会った。今日は快晴で最高の祭り日和、沿道には多くの観客がいた。近年よさこい祭りに押され気味であったが、歴史ある祭りに関心を寄せる人が多くなってきている。

子供神輿 [写真]

IMG_5568.jpg


今日は子供神輿が町内を練り歩く日。あいにくの小雨の降る中、三時過ぎにドンドンと太鼓の音が聞こえてきたので、用意してあった御捻りを慌て持って外に出る。丁度家の前を通るところ、子供の数を見てびっくりした。数年前までは10人そこそこで可愛そうなくらいだったが、なんと今年は軽く40人は越えている。大変な賑やかさだ。近くに保育園もできたので、年長さん組も加わったのか。普段は子供の遊び声が聞こえてこないが、こんなに大勢の子供たちがいるのは嬉しいことだ。

ピーヒャラドンドン [写真]

IMG_5434.jpg


今日から3日間北海道神宮例祭(昔はさっぽろ祭りと言っていた)が始まる。ストーブを外すは祭りまでと言われたようにここから夏が始まる。中島公園には450の出店が並び昔懐かしい光景がテレビでも放映されていた。今年は木下サーカスも開催されるとか。昔はサーカス小屋が何軒もあったが火災があって縮小されていた。平安装束に身を固めた古式豊かな神輿の渡御も行われる。「ピ-ヒャラドンドン」の笛の音がなつかしい。

今日は8,000歩 [写真]

IMG_5504.jpg


今日は月2回のボディコンディショニングの日。明け方にかけて脈拍が140台に上がっていたのでどうしようか迷ったが間もなく平常値に戻ったので昼から出かけることにする。1時間のレッスンは気持ちよく終わった。最近はこれだけが体を動かす機会だ。暑からず寒からずの気持ちの良い日だったので、友達と駅までの道をおしゃべりをしながら歩く。外出しない日は2,000歩足らずだが、ちょっと歩くと8,000歩くらいにはすぐになる。少し足の筋力をつけていきたい。

6月の気 [写真]

_54C9906.jpg


先日菜の花を見に行った帰りに、田植えをしているところに出会った。昔は早乙女が赤い襷に絣の着物を着て一列に並んで植えたものだが、今はオール機械化。じつに能率的である、ほかのブロガーさんの写真のようにあぜ道に紫陽花もアヤメも咲いていない。田圃の中に水鳥もいない。だがこの爽やかな6月の気は限りなくすがすがしい。

モクレンの葉 [写真]

_54C9982.jpg


2日間会食が続いたので、今日は家でのんびり過ごす。最近利用しているコンビニが閉店になったり、他のテナントに変わったりと随分変動がある。なじむまで時間がかかり不便である。今年のよさこい祭りは外で見ることが一度もなく、テレビで最後のフィナーレを見ただけだ。掲載写真は私の好きなモクレンの葉脈だけになった葉である。

メッセージを送る