So-net無料ブログ作成

思い出の胴付き [写真]

IMG_8102.jpg


珍しく家であれこれしているうちに日が暮れた。ボイラー室の片付けをしていると胴付きの長靴が出てきた。嘗てこれを履いて千歳川に入り撮影した思い出がよみがえってくる。虫よけの網ネットを頭からかぶり、川中に立ったっままでおにぎりをほうばったものだ。撮ることに夢中だったあの頃を思い出させてくれた胴付きだが、もう使うことはない。身の回りから思い出が一つ一つ消えていく。

nice!(77)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 77

コメント 30

チャー

身の回りから思い出が一つ一つ消えて行く
でも おにぎりをほうばった懐かしい時代 は 心に刻まれていますね^ ^
by チャー (2017-09-11 21:56) 

八犬伝

へええ
鮭の遡上をお撮りだったのでしょうか?
by 八犬伝 (2017-09-11 21:56) 

Yamamoto

こんばんは、同付きの長靴までは持ってません。
でも、釣り用の長靴で長さが足りず、焦って転倒して全身ずぶ濡れに
なった事は2,3回くらいあります。
by Yamamoto (2017-09-11 22:48) 

riverwalk

胴付きの長靴は渓流釣りで最初、使っていました。
歩きづらいので、スパッツと渓流靴に変わりましたが。
だから、私も胴付きの長靴はもう使っていません。
by riverwalk (2017-09-11 23:18) 

KOME

色の対比と質感が好みです。
長靴を使うアイデア使わせて頂きます(笑)。
by KOME (2017-09-12 01:49) 

REE

胴付きの長靴って、危険を伴うものではないのですか。
普通の長靴しか持ってないものですから。
TVなど見てて、倒れたらどうなるんだろうと思ってしまいます。

by REE (2017-09-12 02:31) 

私が三人目

心の中にはしっかりと残っていますよ(^^)
by 私が三人目 (2017-09-12 04:33) 

ナビパ

思い出って蘇っては消えの繰り返しなのかもしれません。
寂し〜。。。
by ナビパ (2017-09-12 05:53) 

ma2ma2

千歳川はサケのふるさとですね!
千歳水族館に行きました(^^)
by ma2ma2 (2017-09-12 07:26) 

Take-Zee

こんにちは!
ずいぶん、頑張って写真を撮られたんですね!
思いでは消えていかないと思います、いい思い出として
大事になさっていただきたいです。

by Take-Zee (2017-09-12 07:45) 

JUNKO

チャーさん、思い出すきっかけのものがなくなるとそれも忘れるksも知れません。
by JUNKO (2017-09-12 07:55) 

tommy88

「あの頃」「あの夏の日」
思い出の品とはツライお別れ。
でも、思い出は色褪せないですよね。

by tommy88 (2017-09-12 07:56) 

JUNKO

八犬伝さん、梅花藻や川底の造形を撮りたいと思たのです。
by JUNKO (2017-09-12 07:58) 

JUNKO

Yamamotoさん、芳賀靴は滑りますけど,胴付はそこが滑らないので少し安心です。
by JUNKO (2017-09-12 08:00) 

JUNKO

riverwalkさん釣りの方が使うんですね。渓流靴のことは知りませんでした。胴付は一度使ったきりでした。
by JUNKO (2017-09-12 08:03) 

JUNKO

KOMEさん、何にお使いになりますか。
by JUNKO (2017-09-12 08:05) 

JUNKO

REEさん、長靴ではちょっと足りない深さの時便利でした。岩場などは滑ら
by JUNKO (2017-09-12 08:07) 

JUNKO

私が三人目さん、そうだと胃のですが・・・
by JUNKO (2017-09-12 08:08) 

JUNKO

ナビバさん、そうなんですね。そのうち全部忘れるかも。覚悟はしていますが。
by JUNKO (2017-09-12 08:10) 

JUNKO

ma2ma2さん、私は行ったことがありません。サケが遡上するところとは違う支流ですね。梅花藻が咲いていたのは。最近はすっかり減ったそうです。
by JUNKO (2017-09-12 11:21) 

JUNKO

Take-Zeeさん、写真を初めて10年くらいは面白くてただもう夢中でしたね。それも懐かしい思い出です。
by JUNKO (2017-09-12 11:22) 

JUNKO

tommy88さん、日ごろ忘れていることも何かのきっかけで走馬灯のように思い出すのでしょうね。
by JUNKO (2017-09-12 11:24) 

馬爺

胸までの長靴を履いてまで川からの被写体が大事だったんでしょうね、と云うより魅力を感じておられたのかな?
by 馬爺 (2017-09-12 12:09) 

たま

わーー、すごいですね。
「撮ること」への情熱を感じられます。
毎日ブログを更新されている今のJUNKOさんに通じます。
by たま (2017-09-12 14:10) 

彩風

胴付きの長靴ってすごいですね。
ずい分苛酷なこともされていたんですね。
でも今となればよい想い出ではないでしょうか。

by 彩風 (2017-09-12 17:10) 

JUNKO

馬爺さん、初めて見る世界に魅了されていたころの話です。
by JUNKO (2017-09-12 17:36) 

JUNKO

たまさん、今の私は写真を撮っていないも同然です。始めたころは少なくとも一生けん命でしたね。毎日夢にも被写体が出てきたくらいです。
by JUNKO (2017-09-12 17:38) 

JUNKO

彩風さん、胴付きは夏ですから、過酷と言えば冬の知床半島ですね。新雪の猛吹雪の中を埋まりながら歩いたものです。眉毛まで凍っていました。懐かしい思い出です。
by JUNKO (2017-09-12 17:40) 

KOME

長靴ですが。川の源流を登る機会があれば使いたいと思っています。
以前、足元ぐちゃぐちゃで歩きました。
by KOME (2017-09-12 19:18) 

JUNKO

KOMEさん、今は川に入る勇気などありません。
by JUNKO (2017-09-12 20:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る