So-net無料ブログ作成
検索選択

美しいもの [写真]

IMG_5319sora.jpg


一昨日の夜、もう寝ようかと思っている時テレビの画面が見に入った。写真家石内都が若手の俳優で監督も手掛けている女性との対談をしている。横須賀に生まれ育った環境がのちの写真活動に大きく影響していると語っていた。自分と同じ年齢の女性の手の写真、肉体に付いた手術痕や傷痕の写真、広島の遺品のワンピースをその少女が着ていたイメージで撮った写真。メキシコの女流画家のコルセットや義足の写真。が次々と映し出されていく。その彼女が「私は美しいものしか撮らない。」ときっぱりと言う。彼女の言う「美しいもの」とは、はるかに深く沈潜したものである。今日は1枚もシャッターを押せなかった。

nice!(71)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 71

コメント 23

Kame

『綺麗なもの』『汚いもの』と言うものは人によって定義が異なるものだと自分は考えていて、それをそれぞれ平均化したものを『一般的』と言う風に考えています。
中学校卒で1度も教科書を開かなかった自分なので、この程度の考えの浅さですが、この「私は美しいものしか撮らない。汚いものにレンズは向けない」と言う感じでは視野が狭いと言うか、私感が偏っていると言う感じがします。

by Kame (2017-06-19 22:02) 

ナビパ

事故の現場(交通事故や自殺現場)に何回か遭遇したことがありますがシャッターを押せませんでした。アマチュアだからだとかあると思うのですがやはり押す覚悟や勇気の違いかなって。。。報道系のカメラマンって凄いとつくづく思います。本記事と関係ないコメですいません。m(_ _)m
by ナビパ (2017-06-19 22:16) 

八犬伝

美しいもの
って、その概念が難しいですね。

美しくないものには心が動かないのでしょうね、その方は。
by 八犬伝 (2017-06-19 23:49) 

ゆうみ

人人感性が違いますものね。
働いてる頃 検察庁とか裁判所にて記録謄写と言う業務がありまして事件現場の写真をコピーするの。
何年経ってもその写真は目に焼き付いてるわ。
二度と本物も写真も映像も見たくないもの
by ゆうみ (2017-06-19 23:54) 

REE

私は虫に食われた花や錆びた金属や朽ちたものなど、どちらかと言うと
終焉を迎えた被写体が好きです。
写欲を掻き立てる被写体はそうは見つかりません。
「美しいものとは何か」奥が深いです。

by REE (2017-06-20 02:35) 

私が三人目

その世界は若田氏が理解するには時間がかかりすぎそうです(^^)
by 私が三人目 (2017-06-20 03:09) 

Take-Zee

こんにちは!
写真のことは不勉強でよく知りませんが
今日のお写真縦型がぴったりの構図だと
思いました。

by Take-Zee (2017-06-20 07:18) 

Yamamoto

おはようございます、石内都さんという写真家は今まで知りませんでした。
遺品ですか。普段撮ろうとも意識しないです・・・・・
by Yamamoto (2017-06-20 07:43) 

tommy88

「メキシコの女流画家」は、くあの人かな。
映画で『フリーダ』というのがありました。
女流画家の短い生涯を描いた作品でした。
本日の写真の立派さは縦長でも水平がキッチリ取れていること。
そこに、青空へ行き着く道筋があると言うこと。
私は心が歪んでいるのか、どうも水平が取れていない写真が多いです。

by tommy88 (2017-06-20 09:06) 

DON

タワーパーキングなんですかね?
Pの文字が映えますね(^^ゞ
by DON (2017-06-20 12:49) 

JUNKO

kameさん、彼女は普通人が汚いという遺品や醜いという傷の中にその人が生きてきた人生の美しさを感じているのではないでしょうか。
by JUNKO (2017-06-20 13:42) 

JUNKO

ナビバさん、私はその種の遭遇が一度も洗いません。同じようにとても撮れないと思います。信念と覚悟が必要、そうなのかもしれません。
by JUNKO (2017-06-20 13:44) 

JUNKO

ゆうみさん、そんな辛いお仕事をしていたことがあるのですか。撮るという行為も楽しいことだけではありませんね。
by JUNKO (2017-06-20 13:47) 

JUNKO

REEさん、同感です。写真を撮り続ける中で、何時か自分の納得のいくその答えが見つかればと思います。

by JUNKO (2017-06-20 13:52) 

JUNKO

私が三人目さん、簡単に答えが出ることではないすね。
by JUNKO (2017-06-20 13:54) 

JUNKO

Take-Zeeさん、ここを通り過ぎる時、なんだか気分がスカッとするのです。
by JUNKO (2017-06-20 13:55) 

JUNKO

Yamamotoさん、風景写真を撮るのとはまた違う世界が展開されています。
by JUNKO (2017-06-20 13:57) 

JUNKO

DONさん、上下にシンプルにデザインしているのに目が行きました。
by JUNKO (2017-06-20 14:01) 

REE

お尻にiPhone7を入れて、座ったらスマホ変形故障しません???
女性は必ずバッグを持って外出するから良いですよねぇ~
by REE (2017-06-20 16:44) 

JUNKO

REEさん、なるほどそうですね、歩くだけでないですものね。バックに入れると全くなっても聞き取れず、いつかけても出ないと評判になっています(笑)
by JUNKO (2017-06-20 19:16) 

KOME

Mari Katayama という義足のアーティストがいますが、やはり美しいと感じています。
by KOME (2017-06-20 19:38) 

JUNKO

KOMEさん、石内さんと同じ思いなのでしょう。そういう美が分かる心を持ちたいです。
by JUNKO (2017-06-20 20:52) 

うっかりくま

しみや皺のないのっぺりした若々しさや無垢さが
もてはやされる風潮の中で、つい目をそらしてしまい
がちな、女性の体に刻まれた傷跡や歩んできた苦難の
道のり。。それを美しいと感じる石内さんの強靱な
精神。自分の価値観の薄っぺらさを恥かしく思いました。
by うっかりくま (2017-06-21 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る