So-net無料ブログ作成
検索選択

6月の気 [写真]

_54C9906.jpg


先日菜の花を見に行った帰りに、田植えをしているところに出会った。昔は早乙女が赤い襷に絣の着物を着て一列に並んで植えたものだが、今はオール機械化。じつに能率的である、ほかのブロガーさんの写真のようにあぜ道に紫陽花もアヤメも咲いていない。田圃の中に水鳥もいない。だがこの爽やかな6月の気は限りなくすがすがしい。

nice!(74)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 74

コメント 20

aidesu

僕が小学生の頃は田んぼ脇の水路にはいろんな虫がいて
夢中で取ってました。そして水路から上がるとヒルが
足になん匹もついていて^^
by aidesu (2017-06-13 06:12) 

takenoko

先日、手で植えているところを見ました。今では珍しい光景になりました。
by takenoko (2017-06-13 06:16) 

tommy88

先週は住吉大社、伏見稲荷でお田植え祭でした。
新聞に写真が載っていました。
そして母の所へ訪問する途中でも田植えを見ることができました。
同じ時期に北海道でもやるんですね。
こちらはキュウリもトウモロコシも家庭菜園で収穫しています。

by tommy88 (2017-06-13 06:29) 

ナビパ

公園に田んぼがあります。課外事業で子供達が手で植えていました。
泥んこになっていい経験のようです。
by ナビパ (2017-06-13 06:45) 

Take-Zee

おはようございます!
こちら地元葉山の棚田でさえ機械で田植えです。
それだけ人手が足りないようです。

by Take-Zee (2017-06-13 07:32) 

ぼんさん

ツアーバスで北海道を走っていると田んぼや畑を見る機会が多いですが、だいたい、機械を使って植えるのや収穫をしているように感じます。
by ぼんさん (2017-06-13 07:39) 

JUNKO

aidesuさん、都会の子供にそんな経験はありませんね、白川郷に行った時息子が初めて水田に入ってはしゃいでしました。
by JUNKO (2017-06-13 11:30) 

JUNKO

takenokoさん、機械化の方がはるかに能率がいいのですが、何か懐かしい昔の風景が消えていく感じがします。見る側の勝手な言い分ですね。
by JUNKO (2017-06-13 11:32) 

JUNKO

tommy88さん、稲荷神社の田植祭に会えたのはよかったですね。こちらには何かそういった行事が少ないですね。
by JUNKO (2017-06-13 11:35) 

JUNKO

ナビバさん、都会の子供たちにも経験させたいですね。
by JUNKO (2017-06-13 11:36) 

JUNKO

Take-Zeeさん、能率の問題だけでなく人手不足も関係していますね。早乙女は都会に行ってしまっているようです。
by JUNKO (2017-06-13 11:38) 

JUNKO

ぼんさんさん、北海道は面積も広いので、機械化しないと人口不足の現在やっていけないという事情もあるのでしょね。風景がどんどん変わっていきます。
by JUNKO (2017-06-13 11:40) 

私が三人目

先月、ななつぼしってお米買って今食べています(^^)
by 私が三人目 (2017-06-13 14:51) 

旅爺さん

当地の田んぼ回りもシンプルで何も無いですよ。
by 旅爺さん (2017-06-13 16:21) 

彩風

そちらも田植えのシーズンなのですね。
田んぼにきれいに整列して植えてある苗かわいいです。
by 彩風 (2017-06-13 16:44) 

JUNKO

私が三人目さん、すっかり人気のブランドになりましたね。
by JUNKO (2017-06-13 17:39) 

JUNKO

旅爺さん、それはそれでいいものですよね。
by JUNKO (2017-06-13 17:40) 

JUNKO

彩風さん、小さな稲が風になびていて気持ちよいです。
by JUNKO (2017-06-13 17:41) 

engrid

緑がグラデーションのように、、鮮やかさから、薄緑も
美しい眺めですね
爽やか、、
by engrid (2017-06-13 18:01) 

JUNKO

engridさん、命が息づく初めは全てのものが美しいですね。
by JUNKO (2017-06-13 20:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る