So-net無料ブログ作成
検索選択

今日はお祝い会 [写真]

IMG_3029.jpg

別れの悲しみの翌日の今日は文化賞を受賞した人の祝賀会。思いを切り替えるのはなかなか大変である。しかもダブりの人が多い。祝辞のあいさつでも何回か弔辞かと思われることばが出てくる。札幌の3月ほど気候の変化の激しいことがない。こここ4,5日のことは私の経験にはないほどである。平穏な日々が明日から戻ってくるだろう。


nice!(74)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 74

コメント 20

engrid

普通であることの、ありがたさ、大切さ、を思うこの頃です
平穏な日常があってこそですね

by engrid (2017-03-05 02:00) 

tommy88

加齢という意識を持ち始めました。
「特別な日」に対応する身構えが起きてしまいます。
何か粗相してしまうのが怖いのかも知れません。
失敗を恐れず挑戦し続けた「若さ」とは全く異質のものが生まれています。
おそらく、守りに入っているのだと思います。
普通であることの大切さが、身にしみてくるのです。
平穏な日々の有り難さ、です。

by tommy88 (2017-03-05 06:11) 

Take-Zee

おはようございます!
お祝い事はいいものですが・・・
今回は気持ちの切り替えが大変だったと思います。
こういう事ってあるんですね。

by Take-Zee (2017-03-05 08:22) 

JUNKO

engridさん、「特記事項なし」が一番だと痛感する毎日です。
by JUNKO (2017-03-05 11:37) 

JUNKO

tommy88さん、全くおっしゃる通りですね。健康で平穏な日々を過ごせることが老後の幸せと思うようになりました。私は自らを老後と認める意識が足りなかったようです。
by JUNKO (2017-03-05 11:41) 

JUNKO

Take-Zeeさん、記念は結婚式を含めてお祝いの席に参列することがめっきり減っています。晴れやかな席はいいものですね。
by JUNKO (2017-03-05 11:43) 

ナビパ

ピークを終えて平穏な日常は大切ですね。
その後はまた変化を求めたくなります。
by ナビパ (2017-03-05 12:29) 

私が三人目

またもや大雪ですね、早く暖かくなると良いですね(^^)
by 私が三人目 (2017-03-05 14:35) 

JUNKO

ナビバさん、そういうものでしょうか。もう激しい変化にはついていけない感じです。歳ですね。
by JUNKO (2017-03-05 16:08) 

JUNKO

私が三人目さん。写真の雪は大雪ではなく小雪です。大雪だと歩道も何もかも雪に埋まります。
by JUNKO (2017-03-05 16:10) 

enosan

当方は本州最南端の県 和歌山、雪はほとんど降らないし積もりません。
今年は一度3~4cm 積もりましたが、すぐ溶けてしまいました。
北国の人にはお叱りをうけるかもしれませんが、一面銀世界の雪景色を見てみたい。でも寒いのは苦手です。
by enosan (2017-03-05 16:44) 

彩風

お天気も日常も普通が一番です。
by 彩風 (2017-03-05 16:47) 

アールグレイ

雪がすごく降っていますね。
3月は、気候の変化も激しいですね。
by アールグレイ (2017-03-05 17:40) 

向日葵

お祝い事の日に付け、お別れなどの哀しい日に付け、
いつもいつも、寒くて厳しい雪がつきものですね。

見ているだけなら美しい雪も、生活を共にするとなると。。

「春」を待ち望まれる気持ちは、比べ物にならない、
真摯で焦がれる程の深い思いだと思います。

「もうすぐ」本物の春が来ますね。。
by 向日葵 (2017-03-05 18:07) 

sasasa

お別れの次の日にお祝いと、
気持ちの切り替えも大変ですね。
この時期の気候も暖かい日があれば寒いがあるように、
切り替えが大変ですね。
by sasasa (2017-03-05 19:21) 

JUNKO

enosanさん、眺める分には銀世界は最高ですが、現実の生活には厳しいですよ。
by JUNKO (2017-03-05 21:26) 

JUNKO

彩風さん、例年通りのお天気は特にありがたいです。
by JUNKO (2017-03-05 21:26) 

JUNKO

アールグレイさん、それが1日であっという間に消えたりするんです。暖気と寒気の違いが激しすぎます。
by JUNKO (2017-03-05 21:28) 

JUNKO

向日葵さん、雪国の暮らす人が春を待ちっ焦れる気持はそれはそれは強いものがあり、春を迎えた喜びも大きいです。あっという間の春と夏を全身で楽しみます。
by JUNKO (2017-03-05 21:31) 

JUNKO

sasasaさん、どんなに吹雪の日でも人々の生活がいつもと同じに行われます。どんなに悲しい日があっても暮らしは変わりません。人間は強いですね。
by JUNKO (2017-03-05 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る