So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

映画三昧 [写真]

IMG_5663.jpg


土曜日は雨、日曜日も半日は雨、そして月曜日は朝から風が強く寒い。起きたら暖房が少し入っていた。もちろん屋根のトタン塗り替えの業者は来ない。こんな三日間は映画三昧。アマゾンプライオで古い映画を見る。見終わってからこれは見た記憶があると思うのは毎度のこと。「オーストラリア」相変わらずニコール・キッドマンは美しい。3時間近い映画だった。今日の「リスボンに誘われて」は主演のジェレミー・アイアンズの渋い演技が魅力的。後はタイトルは忘れたが2本くらい見た。どの映画もまずははっと息をのむ映像の美しさに魅了される。写真では表現できない世界だ。

2日続きのお寿司 [写真]

IMG_5931.jpg


昨夜来雨だったらしいが私は全く気が付かずに熟睡。朝食が済んだ途端に相棒が「夕食は寿司」と宣言した。私は一瞬、え!と思った。家以外一人で食事をすることをしない私が、昨日のお昼は一人でお寿司を食べたのだ。実は2,3階くらいの高さから写真が撮りたかったのだが見渡すと飲食店しかなかったので、窓際の席の空いているお店に思い切って一人で入った。仕方なしに注文をして写真を撮ったのだ。そんなわけで2日続きのお寿司となった。

睡蓮と遊ぶ [写真]

IMG_6005.jpg


IMG_6046.jpg


何とも気ままなお天気。昨日は快晴、今朝は雨模様の曇天。ペンキ屋さんも「今日は帰って寝よう」と早々に仕事を切り上げていった。昼から買い物があったので出かける。北大では全く咲いていない睡蓮も道庁の池ではかなり咲き始めていた。睡蓮の間をカモの親子が泳いでいく。お母さんカモは常に子供たちの様子を近くで見守っている。見ている人は口々に「可愛いね」と言う。元気でみんな大きくなってほしい。

モミジの葉 [写真]

IMG_5782.jpg

IMG_5797.jpg


朝方は怪しげな天気であったがお昼近くになってどんどん陽がさしてきた。高所作業車が来て屋根のトタンの塗り替え作業を始めた。今日は屋根の庇の部分のペンキを塗る予定とか。私は風もないのでぶらりと北大構内の散策に。大半の緑は色濃くなっているが、モミジの可愛い葉だけはまだ新緑で若緑が輝いていた。中に赤い葉の木があって目を引く。大野池の睡蓮は全く咲いていなかった。

子供の浴衣 [写真]

IMG_5756.jpg


14,5年かかわってきた会の最後の会合に出席。長きにわたって楽しく参加してきたことを感謝して帰途につく。夏至を過ぎたが7時過ぎの時間はまだ明るい。暮れなずむ街中の窓外の景色が新鮮に映る。ネットで子供用の浴衣を探すがいまいち気に入ったものがない。今はやりの柄はどうもなじまない。

6月の雪 [写真]

                      Watage.jpg


_DSC2990.jpg



6月のこの時期になると街中をポプラの綿毛が飛び交う。近代美術館の庭の一角が真っ白になって、まるで雪が降ったかとみがもうばかりである。この5,6年その様子を撮っているが,ここ数年で今年が一番見事である。昨日の高温で一気に落ちて、今日の強い風で沢山集まったようだ。道庁の庭にもこの光景はみられるが、近美ほどではない。白と緑のコントラストはさわやかで清々しい。明日は雨の予報。もうこの光景は見られないだろう。




ちょっと新鮮 [写真]

IMG_5704.jpg


昨日からつけていたホルター心電図を返す日。おなしくしているのでなく普段通りに生活してくださいと言われていたので、今日は病院までバス、地下鉄、電車と乗り継いでいく。結果は1週間後。夕食時、食卓の私の位置からはテレビは全く見えない。途中まで見て気になるところで夕食になったので、相棒が席を変わろうかと言ってくれた。長年同じ場所に坐っていたが、反対向きに坐っただけで狭い台所も見える世界が違う。「ちょっと新鮮だね」と相棒が言った。

美しいもの [写真]

IMG_5319sora.jpg


一昨日の夜、もう寝ようかと思っている時テレビの画面が見に入った。写真家石内都が若手の俳優で監督も手掛けている女性との対談をしている。横須賀に生まれ育った環境がのちの写真活動に大きく影響していると語っていた。自分と同じ年齢の女性の手の写真、肉体に付いた手術痕や傷痕の写真、広島の遺品のワンピースをその少女が着ていたイメージで撮った写真。メキシコの女流画家のコルセットや義足の写真。が次々と映し出されていく。その彼女が「私は美しいものしか撮らない。」ときっぱりと言う。彼女の言う「美しいもの」とは、はるかに深く沈潜したものである。今日は1枚もシャッターを押せなかった。

息子のプレゼント [写真]

IMG_5684.jpg


IMG_5677.jpg


久し振りに好天が続く。朝一番に息子から相棒にドイツ製のビルケンシュトックのサンダルが届く。格好もよく見るからに履き心地が良さそうだ。相棒は朝起きるとすぐに庭に出て花柄の芽や草摘みをする。日光に当たると健康になると思っているようだ。私は昼から知人の展覧会場で友人と待ち合わせをして、写真を見た後はお茶会。今年初めてのパインのかき氷を食べる。おしゃべりをしていると体調の悪いのも忘れる。

ひと月ぶりの好天。 [写真]

IMG_5558.jpg

神宮祭も終わって本格的な夏が北海道にやってくる。土曜日が好天なのは一か月ぶりだそうだ。我が家の庭はサツキがやっと咲き始めた。ジャーマンアイリスが強い香りを放っている。息子一家の帰省日程が決まったので、早速温泉の予約。孫も1時間半のバスには耐えられるだろうと今年は洞爺湖のホテルにした。お盆をはさんでいるのでどこも混んでいる。人気のホテルというから楽しみだ。

前の10件 | -
メッセージを送る